スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ご報告】布団届けに行ってきました。

今日で大地震から100日目です。

朝から頭痛が止みません。。。 

さて、皆さんから支援いただいたお布団11組を本日届けてまいりました。

支援物資は仕分けをしてから、持って行くのが鉄則なのでまず仕分け作業をしました。

ボランティア団体「縁の下の力持ち」の土井さんに協力していただき、

マイクロバスで運びました。

「縁の下の力持ち」からも2組お布団を支援していただきました。

お世話になっている、レスキューストックヤードの石井さんと連絡をとり、

「きずな館」へ。

ボランティアの方にも手伝っていただき、お布団を下ろしました。

13組はかなりの量でしたね。



お布団を下ろし終えると、レスキューストックヤードの石井さんが、

在宅避難者と連絡を直接とっている

ボランティアセンター常駐の遠藤さんを紹介してくれ、

一緒に在宅避難者宅へお布団を届けることになりました。

遠藤さんのお話によると、吉田浜地区で200組、花渕浜地区で300組が必要との事で、

今日は花渕浜地区に行ってきました。

002

左から、土井さん、石井さん、遠藤さん。

003

花渕浜地区の代表のお宅にまとめて配達をし、こちらから各個人宅にお渡しするという

一番効率の良い方法が今回とられています。

6.jpg

「届けてくれて、本当にありがとう。感謝の気持ちでいっぱいです。」と笑顔で答えてくれました。

その笑顔に胸が詰まってしまった私は、「がんばってください。また来ます。」


と在り来たりなご挨拶しかできませんでした。。。すみません。。。

010

伺ったお宅は一階部分が津波に襲われ、中は、床板が無いところがあった。

壁もひび割れていた。新しい家なのに。。。

(帽子かぶって挨拶しているのが私です。一応。)

011

周りの家も流されてしまって、残っている家が点在している状態。

残ってる家で協力して生活しているそうです。

「生活が安定すれば、元から住んで居た方達も戻ってきて、

また地区が賑わうでしょう。」と遠藤さん。

このあたりは海苔養殖で生計を立てている家が多い地区。。。


今日で、七ヶ浜町の避難所は閉鎖となり、仮設住宅への引越しも終了するとの事。

嬉しい反面、在宅避難者の方々には、まだまだ支援が必要だと感じたし、

産業にも支援をしていかなければ、収入が絶たれてしまう。実際、漁が始まったけれど、

生活を継続していける漁獲量ではないし、道具も足りて

いない。漁に使う道具は値段が高い。。。

この負のループから抜け出すには、行政を待っている時間がない。

自分達で出来る事をしよう。

今日、自分の考えが間違っていない事を確信した。

今後とも、皆様のご支援宜しくお願いいたします。


追伸・明日4時起きで秋田までボランティア行ってきまーす~。コスプレはしないよw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

神薙町内会

Author:神薙町内会
漫画・テレビアニメ「かんなぎ」及び原作者「武梨えり」先生を応援するサークルです。聖地七ヶ浜でのイベント開催やグッズ販売を通して、地域との交流や聖地巡礼者にファンサービスをする聖地イベント開催型のサークルです。今後は活動の場を、WEBにも広げ、よりいっそう活動に力を入れていく所存でございます。皆様の応援、ご参加お待ちいたしております。

ホームページ

http://kannagichounaikai.web.fc2.com/index.html

Twitterなうぢゃ☆
今すぐフォローぢゃ!
 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。